嫌われるマンションの条件

私が現在住んでいるマンションを木更津 賃貸するにあたり、市場価格の動向や、価格が下がってしまう条件について不動産屋からアドバイスがあったのです。

 

まず、良くないとされるマンションの典型は暗いということ。
太陽が出ている明るい日であっても、隣の高層マンションのおかげで陽の光が入ってこないばかりか、いつも薄暗い状態が続いている部屋はかなりの不人気なのだとか。

 

確かに、昼間に曇り空になったからといって電気をつけるようなマンションを賃貸したら、失敗したと後悔することは間違いありません。
なのでマンション購入の最低ラインとして南向きの立地条件を確かめるというのがあります。

 

現在のところ私のマンションの南向きには、私のマンションと全く同程度の高さのビルが建っています。
ですが多少の距離が離れているために陽の光は差し込むのです。

 

その点から考えると、都内の高層ビルが更に巨大なビルを建ててしまえば、私のマンションの価格はガクンと落ちてしまうということ

キャッシングは借りる期間も大事

お金が必要になった時に、両親や兄弟、そして友人などでも工面できない、
(まあしたくないということもあるでしょうが)そんな時にアコムマスターカードという選択を
するという人もいらっしゃるでしょう。
そして重要なのがCMでも言っているように計画を立てて借りることです。
その計画を立てる際には、無理は禁物です。
生活費と返済額でぎりぎりで最短で返済できるような計画は、最短で返すということは、
一見するといいようにも思いますが、やはり生活がぎりぎりと言うのは、予定外のことが
起こりがちです。
無理をして返済が延滞してしまい、遅延損害金を支払うことになるよりも、結構ゆとりのある
返済計画にしておいた方がいいこともあります。
また、基本的にキャッシングは借りる期間が長ければ長いほど金利は低くなるものです。
返済計画を伸ばして、ちょうど金利が安くなるのであれば、無理をした返済計画をするよりも
より安全に返済が出来る可能性も高くなるのです。

 

 

キャッシング会社で借りる時には、借入れ額や金利の他に期間も相談してみると、
案外ちょうどいいプランが建てられるかもしれませんよ。

 キャッシング会社を選ぶコツ

キャッシング会社も色々あります。そんな中から選ぶ時って結構迷います。
CMをよくやっているところがいいかなあとか、三井住友銀行とかみずほ銀行とか
有名な銀行系のキャッシングがいいかなあとか・・迷います。

 

そんな時は、シンプルな優先順位を決めると案外迷わずに済みます。
まあキャッシングなだけに、金利が一番気になるところですが、金利が安くてもコンビニ未対応など
返済する場所が少ないところだと、延滞して金利以上の遅延損害金を支払うことになったら、
なんかもったいないことです。
逆にある程度期間を掛けて返していくつもりなら、やはり金利が安いところにした方が
トータル的に支払額も安く済むでしょう。

 

とにかく、金利であったり、コンビニ対応であったり、全国にATMがたくさんあることであったり、
自分がお金を借りて、お金を返す時のことまでを考えた上で、優先順位を考えましょう。
そうして優先順位を決めた上で、キャッシング会社を決めれば、結構決まるものです。
さらに一度優先順位を決めれば、今後再度キャッシングを利用する時にも役に立つことでしょう。

 

キャッシングも口コミサイトで

最近は、電化製品なども口コミサイトを参考に買っているという方も多いですし、
レストランでも観光施設でも口コミサイトを参考にして選んでいるという方も多いでしょう。

 

キャッシングはと言うと、やはり口コミサイトの情報は参考になります。
ただ、キャッシング会社については、ある程度口コミサイトは参考になると思いますが、
お金を借りる際の金利などは、その人の収入や過去のキャッシング実績などによっても
違ってくるため、一概に参考になるかと言えば疑問の残るところです。
でも利用者が満足したかどうかという点では、やみくもにキャッシング会社を選ぶよりは、
役に立ちます。あくまで参考情報として利用していくのが賢い方法でしょう。

 

キャッシング会社の口コミサイトを見てみると、やはりCMをよくやっているような
アコムやプロミスや銀行系のキャッシングが人気になっているようです。
それだけ宣伝をしているということにもなりますが、それだけプラスとマイナス評価が
口コミサイトに載っていますので、大いに参考にするといいでしょう。
口コミサイトを見て自分で判断して、いいキャッシング会社を見つけれたらいいですね。

 

 キャッシングの申し込みは、複数するべきか?

キャッシングの情報をインターネットで探していると、キャッシングの申込みを
一度に複数するという方法を見かけることがあります
場合によっては、複数の申込みをすることはメリットがあるのかもしれませんが、
基本的にはお勧めは出来ません。
確かに1件だけだとお金が足りない、というケースなどはどうしようもないかもしれませんが、
必要があるのかもしれませんが、そうでない場合は、極力複数にせずに1つのキャッシング会社
だけに申し込みをした方がいいでしょう。

 

キャッシングを行うと、その返済実績などがしっかり情報として管理されます。
その返済実績の情報によって、お金を借りる人の信用度が判断されて、審査を通したり、通らなかったり、するのです。
申し込みの情報もキャッシング会社の情報信用センターというところで管理されるため、
同時に審査に出しておけば、まだ情報が更新されていないために有利だということなのですが、
そのタイミングなんてわかりませんし、もしかすると既に情報が更新されていたら、結局わかってしまう
情報なだけです。

 

 

実は、あまり根拠のない方法が複数の申込みなのです。
ですから、申込みは1つずつの方がいと思いますよ。

 キャッシングの前に

キャッシングをする場合、お金が必要となっている場合が多いので、結構焦っている
ことも多いかもしれません。
人間焦っていると、失敗もしやすくなりますし、間違いも起こしやすくなります。
でもキャッシングする前なんて、まだそんな失敗や間違いなんて起こらないのですから、
焦らないことです。
ということで、キャッシングの前に焦らずに簡易審査をやっておくことをお勧めします。
簡易審査というのは、キャッシングをしている銀行系キャッシングや消費者記入のキャッシング会社などの
サイトで事前に簡単な審査が出来ると言うサービスです。
あらかじめその簡易審査をしておくことで、審査に通らないという場合を事前に知ることが出来るのです。

このことは、非常に助かります。
何せ、何も知らずに本審査に出して、もし審査が通らなかった場合、審査が通らなかったという実績が残り、
今後のキャッシングする際の、履歴情報としてマイナス評価が残ってしまうからです。
その点、簡易審査は、この履歴情報に残ってしまうことがないのです。
あらかじめ結果の予測が出来て、変な情報も残らないのですから、キャッシングをする前には、必ず
やっておいて損はないでしょう。

キャッシングの前には、必ず簡易審査をやっておきましょう。

北海道内限定住宅

実家の一戸建ての話です。
私が小さい頃に建てたので、もうかれこれ築30年になります。
北海道内限定住宅で【木の城たいせつ】という住宅メーカーなのですが、全て木で作られているんです。
木で出来ている為にそろそろ支障が出てきている部分があります。
例えば今のドア。
全て木作りの為に、枠組みが痩せてきてきちんと閉まりません。
またお風呂場も木作りの為に隙間が出来てしまっているのか、夏場は虫が入ってきたりします。
もうそろそろ本気でリフォームを検討しているのですが、住宅の作りが木作りであるために、他メーカーで対応可能なのか判断がつきません。
リフォームというのは通常最初に建てたメーカーじゃなくとも可能だと思いますが、このような特殊な作りの場合も可能なのでしょうか。
また外壁塗装を考えていますが、同様に特殊な壁作りの為に、他メーカーに頼む事が出来るのか分かりません。
これから業者に問い合わせをし相談をしつつ、進めていかなければと思います。

こんなにきれいだったのでしょう

家を建てた時は、想像もつきませんがこんなにもきれいだったのでしょう。
この家は中古で購入しました。
築十年が経っているのです。
だから外壁も結構くすんで汚れているのです。
だから住む前に、私は外壁塗装をお願いしたのです。
偶然知り合いに、外壁塗装業がいるのでお願いをしたのです。
結構費用もかかるみたいですが、それは仕方がありません。
できたら最初からきれいな家に住みたいのです。
そのためには、この外壁塗装の相場が大事だと思ったのです。
見積もりをしてもらって納得がいったので、作業が始まりました。
引越しまでには終わるそうです。
終わった作業を見て思いました。
本当にきれいなのです。
この家を建てた頃は、こんな感じだったのでしょう。

マンション売却には忍耐力が必要

まずは、いきなり反応があるとは限りません。
比較的新しいマンションを売るにしても、一カ月以上経っても買い手が見つからないことも珍しいことではありません。
何の反応もないからといって、安くすれば売れるというものではありません。
時期も考えて価格を変えていくべきです。
夏は住宅を探している人は少なくなってくる時期です。
その時期ならば、とにかく価格を変更せずにじっくりと待つことが重要です。
見る人が少ない時期に価格を落としても、あまり効果はありません。
なかなか売れずにいるならば、冬の時期に価格を下げてみるとよいです。
新しい生活を始める人は、冬にいろいろと不動産を見るものです。
その時期に価格が下がっていれば、それなりに反応があるものです。
需要が多い時期を見極めて、いろいろ工夫すれば見てくれるものです。
どんな方法をするにしても、マンションを売却には時間が必要です。
ずっと待つという忍耐力が必要です。
工夫していれば、いずれは売れるものです。

転勤がきっかけになりました

私は今回マンションを売却する事を決めました。
そのきっかけは転勤だったのです。
夫がこのたび、転勤になったのです。
ここで一生住むつもりでした。
このマンションで一生を生活する気でいたのです。
だからマンションを購入しました。
それなのに、転勤だなんて納得いきません。
でも決まった事を今さら、言っても仕方がないのです。
仕事を辞めるわけにはいかないので、マンションを売却して転勤をする事になったのです。
近所の不動産会社で相談をしました。
見積もってもらってこのマンションの査定額を出してもらったのです。
思ったよりも低いものでした。
築七年なのでもっと高く査定額がつくと思ったのです。
でも甘かったです。
低くても、残っているローンを払い終える事はできるのです。
わがままを言ってもいけないと思いました。
でもなかなか売れないのです。
もっと簡単に売れると思ったら売れないので、価格を下げたのです。
何とかローンを払い終えるまでの価格に、思い切って下げたらあっという間に売れました。